preload
8月 29

今年入社してくれた社員に指摘されて気づいたのですが、本日Eye-Fi Japanが4周年を迎えました。

元はといえば2008年初頭、@nobiさんのこのブログがきっかけでEye-Fiの事を知って、@yukio_andohさんからの紹介で@nobiさんとランチして「どうしてもEye-Fiを日本に持って来たい」と相談して、当時Eye-Fi社のアドバイザーをしていた@hokayanさんを紹介してもらったら、「サンフランシスコくるんだったら、魚もってくることね。鮮魚ね。鮮魚。」といういきなりの試練を課されて、気がついたら涙目で鯛の入った発泡スチロール箱を持ってサンフランシスコ空港に到着していたことを、昨日の事のように思い出します。

で、Eye-Fiってどんなオフィスだろうとドキドキして訪ねたら、看板なんかなくてA3の紙にインクジェットで印刷したEye-Fiのロゴがドアに貼ってあるだけ。入ったら創業者と社員みんなで汗かきながらIKEAで買った机を作ってて、本当に「ガレージで起業したのがそのまま会社になった」みたいな雰囲気の会社でした。

初のミーティングで「日本の会社はもう30社くらい来てるぜ。でも俺たちの日本進出プランはまだ白紙だぜ。」と自信満々に言われたのにもめげず、日本で売りたい!っていう熱い想いをプレゼンしたのを覚えています。前日@hokayan宅で手取り足取り、ビジネスプレゼンの講義をしてもらいました。そういえば、そのプレゼンの中で「日本は携帯先進国だ。デジカメから携帯にワイヤレスで飛ばせるようにしたら、絶対売れる」という提案をしました。今考えるとダイレクトモードの成功をその時から意識してたのかもしれません。

帰国してしばらくして、電話で「アイファイジャパンをお願いする」と言われました。なんだかよくわからない展開でしたが、かくして私はManaging Director JapanというタイトルでEye-Fi社で働くことになりました。

2008年8月29日(4年前の今日)個人で「アイファイジャパン株式会社」を資本金10万円で設立して本社にMAさせるという荒技で外資系ベンチャーの日本支社を即席で立ち上げました。

国内販売の見通しもたってないのに、mixi・ペパボ・はてなと連携の話を決めてしまって、2008年12月3日にEye-Fi日本進出の記者発表をしました。(実はその時点では国内電波法の認証が取れてなかったので、デモもできずサンプルも渡せないという異例の記者発表となりました。)

なんとか認証が取得できていざ出荷という時に、日本向けの在庫の中に不良ロットが混じっているという報告が本社から入りました。急遽、数日前に入社した@mari_ydちゃんを埼玉の奥地の倉庫まで連れて行き、近くのビジネスホテルで朝まで検品作業をしました。数千個の在庫の中から12枚の不良品を見つけて、無事に予約分を年内出荷する事ができました。ビジネスホテルで@mari_ydちゃんが「こんな仕事、お父さんに言えない」とつぶやいた時はちょっと心が痛みましたが。

そんなバタバタな始まりで、その後もバタバタ続きでしたが、日本の名だたるカメラメーカーである、ニコン・サンヨー・カシオ・キャノン・JVC・ソニー・ペンタックス・リコー・オリンパス・パナソニックから「Eye-Fi Connected」のカメラを発売してもらうに至りました。どのメーカーと話している時も、日本はカメラにかける情熱と誇りは世界一だということを改めて感じることができました。

スマホという言葉が目立ち始めた頃から、国内キャリアさんとの提携を進めました。イーモバイルさんとの共同キャンペーンに始まり、ソフトバンクセレクションでの発売、KDDI端末へのプリインストールとau cloudとの連携、そしてDocomoからの大型出資と、1年足らずで全キャリアとのビジネスを平行して進めました。どのキャリアと話している時も、徹底した顧客志向を感じました。日本市場でやっていくにはここまでするのかと、正直衝撃でした。

この4年間、ネット企業・メーカー・キャリアとの交渉・契約をほぼ全て自分が前面に立って行ってきました。世の中見渡しても、これだけの企業とこの短期間にビジネスができる仕事はないんじゃないかなと思います。そういった企業の中でも特に優秀な方々と運良くビジネスができたからかもしれませんが、外資系スタートアップという視点から見た私の印象は「日本企業すげー」の一言です。自信を持って世界を狙っていいと思います。

こんな経験ができたのも、私を信じて明日どうなるかもわからないビジネスを必死に前に進めてくれたセールス&マーケティングスタッフ、毎日ものすごい量の問い合わせをこなしてくれているサポートスタッフのおかげです。そして、Eye-Fiカードの未来を感じて広めてくれたブロガーやディストリビューターの皆様と、半完成品の頃からEye-Fiを応援してくれたお客様がいたからこそ、いまでもこうしてEye-Fiカードを販売していられます。本当にありがとうございます。

最近、Eye-Fiからの発表がないことにお気づきの方々もいらっしゃるかと思います。他社からワイヤレスメモリーカードが出て来たり、Wi-Fi内蔵のカメラが続々と登場したり、そろそろ「カメラxワイヤレス」が当たり前の時代が見えてきた感があります。

4年というと長く感じますが、ほんの数週間のようにも思えます。社長としてこんなこと言ったらきっとダメなんですが、社員には「5周年はあっても、10周年はないと思って」と伝えます。
僕らはイノベーションを起こす事が使命なんです。「カメラxワイヤレス」が当たり前になったら、Eye-Fiカードなんて要らないんです。次のイノベーションを起こせずに現時点にしがみつくくらいなら、潔く消えた方がいい。もし、このチームで仕事したいなら、新しいイノベーションを起こさなきゃいけないんです。

2006年から「SDカードの中にWi-Fiを入れる」ということを考えてきたEye-Fi社がその先の未来を見ていないはずはありません。1年以上前から、Eye-Fi社はずっと先の未来を作り始めています。Eye-Fi社が創業から唱えてきた「もっと写真を簡単にする」というビジョンにおいて、ワイヤレスメモリーカードは一つのソリューションに過ぎません。あと数ヶ月で、その一部をお見せできると思います。

そんなことを考えながら過ごした4周年の日でしたが、こみ上げてくる感謝の気持ちと、これからがんばらなきゃって思う気持ちでいっぱいです。

これからもアイファイジャパン株式会社をよろしくお願いします。m(_ _)m

ささやかながら4周年企画やってます(笑)。よろしかったらどうぞ。

3月 30

エクストリームスポーツなどをする方々に絶大な人気を誇るGoProシリーズですが、Eye-Fiがこっそり非対応(動く時もある)だったので、レビューしてませんでした。

今回、Eye-Fiカードのファームアップデートで、しっかりと対応したということなので、早速公園に出かけてダイレクトモードのテストをしてみました。

その前に、「そもそもGoProとはなんぞや」という方の為に簡単に紹介。

GoProはカリフォルニア州ハーフムーンベイ(Eye-Fiのオフィスから30分くらいのところ)に拠点を置くベンチャー企業で、創業者のNick Woodmanがオーストラリアでサーフィンしてるときに「このかっこいいオレを手軽に撮影したい」と思い立って起業したのがきっかけとか。

それ以来、普通のデジタルカメラとは一線を画した、ウェアラブル(身につけて撮影する)スタイルに特化したカメラを開発して販売しています。

実際のカメラ本体はこれです。幅はiPhoneと変わらないくらい、非常にコンパクトです。

R9100543.JPG

今回私が購入したのは、GoPro HD HERO 2 アウトドアエディション というやつで、パッケージの中身はこんな感じ。 続きを読む »

6月 18

ライフログ的に写真を撮ったり、つぶやいたりしている人にとってはとっても便利なまとめサイト、memolaneの紹介です。

Safari

Flickrのプライベート写真が晒されてしまうという致命的なプライバシー問題を抱えながらも、その秀逸なUIで話題になっていて、いつかは使いたいと思っていました。

ただ私は仕事柄、会ってることを知られてはいけない人々の写真を撮って、さらにそれをアップしなければいけないことが多いです。また、Eye-Fi普及活動の一環として、仕方なく飲み屋で会ったおねーちゃんの写真を撮ってアップロードのデモを行うこともあります。

そういう意味でも私のFlickrアカウントはパンドラの箱なわけで、memolaneなんて使えるわけないと思っていました。 続きを読む »

5月 30

Eye-Fiのダイレクトモードになってから写真の保存フローが変わりました。

以前は、帰宅してからPCとEye-Fiの入ったカメラを立ち上げて転送していました。便利は便利なんですが、ケーブル接続とさほど時間的には変わりません。

今は、帰りの車の中でダイレクトモードでiPhoneに転送しておいて、帰るまでにはアップロードが完了しているという状況です。これは圧倒的にリアルタイム感があります。

この記事の通り、家に帰る前には両親への共有まで終わっているのです。

ちなみに私の車はこんな感じで、iPhoneをくっつけていて、シガーソケットから常に充電しているのでバッテリー切れの心配はありません。

DSC01549.JPG

iPhoneのEye-Fiアプリの設定で「フルスクリーン」をオンにしておくと、その日に撮った写真を受信しながらスライドショーのように表示できるので、車中の子供達もキャッキャ言って見ています。

続きを読む »

5月 05

車で一時間もかからないところに住んでいるとはいえ、実家の両親とはあまり頻繁にはコミュニケーションを取っている方ではありません。

それにも関わらず私の両親は、私の子供達が何をしているか、どんなところに遊びにいったかなど、全て知っています。

実は両親は、私と妻のカメラに入っているEye-FiカードからFlickrにアップロードされた写真を毎日のようにチェックしているのです。

私と妻は日常的に子供の面白い表情や遊びに行った先で写真を撮るだけ。自宅の無線LANネットワークから私のFlickr Proアカウントに「プライバシー設定:Family」で自動的にアップされるようにしています。両親には無料のFlickrアカウントを作ってあげて、私のアカウントの家族として登録してあります。

Flickrには家族や友人が写真をアップロードことをメール通知してくれる機能があるので、私達が写真を撮った日には、両親に自動でメールが届きます。両親はそのメールのURLをクリックするだけでいいのです。

図解するとこんな感じです。

Keynote

Flickrのアカウント登録に英語版Yahooアカウント必須というところがかなりハードルが高いのですが、乗り越えるだけの価値はあります。 続きを読む »

5月 04

さて、GW仕事をしながら子供をあやすHACKS第二弾は懐かしい”割り箸でっぽう”の作り方です。

おいこら、HACKSでもなんでもないじゃねえか、とツッコまれそうですが、5分でつくって5分でブログに上げるというのがHACKSです。キリツ

こういうブログにはEye-Fiは必須ですね。

DSC01268.JPG

用意するもの:

割り箸x2(3つあるとかっこいいのができる)、輪ゴムたくさん10個くらい 続きを読む »

Tagged with:
4月 10

最近購入したSonyのDSC-WX7のスイングパノラマ機能を使って、先週から桜が満開になるまでの様子を撮影してみました。

PANO0405_DSC00498.JPG 4月4日

PANO0406_DSC00512.JPG 4月6日

PANO0408_DSC00602 4月8日

PANO0410_DSC00636.JPG 4月10日

場所は小金井公園です。

PANO0405_DSC00497.JPG

PANO0406_DSC00511.JPG

PANO0406_DSC00515.JPG

PANO0408_DSC00601

PANO0410_DSC00635.JPG

綺麗ですね〜。

 

 

4月 03

地震直後から閉園していた井の頭動物園が4月1日から再開したので、子供達を連れて行ってきました。

DSC00146.JPG

ちなみに4月4日(月)は無料開園日だそうです。 続きを読む »

12月 08

外食中心で、職業柄いつもカメラを持ち歩いているので、食べ物を撮る機会が多いです。ただ、撮った写真をどうするかってところで、結構悩みます。後から見てもそんなに感慨深いものではないので。

で、誰かの役に立つだろうとブログにでも載せたいのですが、結構な手間がかかるので、敬遠していました。

先日、GR3のEye-Fi互換性を高めるファームウェアのアップデートをしていろいろいじってたら、「シーンモード」に「斜め補正」というのがあるのに気がつきました。

お、これはひょっとしてExilimのホワイトボードモードと同じか?ということで使って見たところ、基本的には同じように正面から撮ったような画像に補整されます。ただ、GR3の場合は撮影したオリジナル画像も保存されます。

R9099620.JPG

たとえばこうやって撮影したのが、、、 続きを読む »

Tagged with:
11月 08

昨日、友人の結婚パーティーにいって相変わらずD5000でばしばしと撮影して帰ってきたところ、ある特定ファイル以降の写真が全然アップロードされないので、再生してみるとあるファイル以降の写真が全部消えていました。

がーん。。。原因は分かりませんが、いろいろと子供がカメラをいじっていたこともあり、やっちまった感でいっぱいに。

ただ、撮った直後にプレビューしたりしていたので、カードそのものにはいったんは画像が記録されていたことは間違いない、ということでファイル復元ソフトをネットで調べることに。

以前はWindows環境で有償ソフトを使ってましたが、Macでないかな〜と探していたら、「PhotoRec」という寄付アプリが見つかりました。

では、手順。

Safari

まず、PhotoRecのホームページに行ってソフトをダウンロードします。 続きを読む »

Tagged with:
8月 19

母が4年くらい前のカメラを使っていたので、誕生日のプレゼントにデジカメを買ってあげました。

ビックカメラで1万円以下で売っていたPENTAXのOptio H90。デザインがかわいいだけではなく、母でも操作できる簡単さがいいかなと。で、もちろんEye-Fi連動機能付きです。

IMG_0152.JPG

ただし、出荷時のファームウェアではEye-Fiカードを入れたときに常に転送がオフになってしまいます。

IMG_0116.JPG

これを解除するにはメニューボタンから操作してONにしなければなりません。

IMG_0117.JPG

このチェックをオンにして、Eye-Fi送信可能な状態に。

IMG_0118.JPG

よし!

IMG_0119.JPG

と、思ったら今度はバッテリーが黄色の段階になった瞬間にEye-Fi送信がOFFに。orz

しかも、この設定を解除する方法がないので、充電するまで転送ができない状態に。

うーん、このままだとせっかくEye-Fi連動機能があってもEye-Fiの楽しみが半減してしまいますね。

ということで、カメラのファームウェアをアップデート実施することに。

準備

  • カメラのバッテリーをフル充電しておく
  • 最新のファームウェアをダウンロードする
  • 空のSDカード(実際は空じゃなくても大丈夫だった)

手順

  1. Pentaxのサポートサイトの「ダウンロードサービス」でファームをダウンロードします。
    http://www.pentax.jp/japan/support/download_digital.html
  2. ダウンロードしたファームウェア(この場合は「FWDC317P.BIN」というファイル)を空のSDカードに保存します。(フォルダの中とかでは駄目。ドライブ直下に保存してください)
  3. カメラにSDカードを挿入して、「MENU」を押しながら電源を入れます 。

IMG_0133.JPG

ファームをアップデートしますか?という英語のメッセージがでるので、アップデート開始。

IMG_0134.JPG

しばらくするとCOMPLETEと出るので、完了。早速Eye-Fiカードを入れてみることに。

IMG_0135.JPG

カードを挿入すると「カードがフォーマットされていません」というメッセージが表示されますので、そのままカメラでフォーマットします。

IMG_0203.JPG

無事、Eye-Fiが快適に使える環境になりました。PENTAXの公式コメントは下記の通りです。

  • カメラの電源を切ったときにEye-Fi機能設定を保持するようにしました。
  • Eye-Fiカードを使って画像を転送するとき、バッテリー残量が黄色表示でも転送可能としました。

お試しあれ。

Tagged with:
8月 11

こういう事やってくれるブロガーさんいないかなー、とか密かに願いつつもなかなかまとまった情報を提供していない自分に気がついたので、まとめてみました。(汗)

「Eye-Fi連動機能って何?」ていう人にご説明します。Eye-Fiカードはカメラからナイショのコマンドを送ることで、Wi-Fi通信のON/OFFや転送状況の表示、ネットワークの設定など様々な機能を実現できるようになっています。で、各カメラメーカーから連動機能搭載カメラが発売されています。

公正な立場にいるもので、どの機種がお奨めとかってのは書けませんが、アマゾンのリンク(アフィリだけど)を張ってありますのでレビューを参考にしてくださいませ。

諸事情あって、今この情報はEye-Fiのオフィシャルサイトは英語版だけに掲載していますが、誠意整備中でございます。m(_ _)m
また、有志によって作られているEye-Fi Wikipedia情報にも各モデルの特徴的な機能が掲載されていますので参考にしていただければと思います。

CASIO

Eye-Fi送信中のアイコン表示やWi-FiのON/OFFがメニューから行えます。以前Evernote専用機に最適なカメラということでご紹介させていただきました。見てください、この搭載機種の多さ!

CANON

一眼レフ、コンデジ、ビデオカメラの3つのラインでEye-Fi連動搭載してもらってます。カメラは転送中のアイコン表示や送信済みマーク、現在接続されているSSIDの表示とかしてくれます。ビデオは選択した動画をワンプッシュでEye-Fiに送ってアップロードできる便利機能があります。便利ぃ。

NIKON

転送中のアイコン表示やWi-FiのON/OFFがメニューから行えます。連動機能とは直接関係ありませんが、画像プロテクトボタンが左親指の位置にあるので、選択転送に最適です。(参考:Eye-Fi → Pocket Wifi → Twitterがなかなか気持ちよかった件

PENTAX

ちょっとEye-Fiっぽい色遣いがおしゃれなOptioシリーズ。電力消費を抑える為のWi-Fi制御機能があります。ただし、快適に使うには最新のファームをカメラにインストールしてください

SANYO

アイコン表示やWi-FiのON/OFFに加えて、海外旅行の時とかにめちゃめちゃ重宝するネットワークの設定機能があります。カフェとかで無線LANが解放されているときにカメラだけでネットワークの設定ができちゃいます。Eye-Fiのファームウェアのバージョンをチェックするというマニアックな機能も搭載されています。

SONY

オフィシャルには公表されていないのですが、しっかりと連動機能搭載してくれています。Eye-Fiカードを挿入するとアイコンが表示されるので、連動機能搭載ということが分かります。今後のソニー製品は要チェックですよ〜>ブロガーの皆様。

いやあ、こうみるとEye-Fi Japanたちあげてたった2年足らずでずいぶんと多くのカメラが対応してくれたものだと感無量です。メーカーの皆様には本当に感謝しています。これからもどんどんすばらしいEye-Fi連動カメラを発表してほしいですね!

8月 11

先週末、千葉県の鴨川あたりまで友達のサーフィンを見に行ってきました。

出発は午前4時。首都高に入ってアクアラインに向かう途中の景色です。

DSC00488.JPG

ふわぁぁ。息をのむような朝焼けに、思わず助手席にいた嫁さんにソニーDSC-TX7で撮影してもらいいました。このカメラ、Eye-Fi連動機能こそないものの、SDカード対応なので、Eye-Fiとの相性もばっちりです。

ついでに動画も撮影。(クリックするとFlickrに飛びます)ソニー製のカメラからの動画UPもEye-Fi X2シリーズからはサポートされています。AVCHDもいけますが、Flickrに上げる前提なので.mp4で記録するのがベストかと思いますね。

DSC00496.JPG

わ、虹だ!虹だ!

DSC00502.JPG

なかなかの広角で、こんな感じの写真も撮れます。タッチパネルをカスタマイズして、「プロテクト」ボタンを前面にだしてEye-Fiの選択転送モードを使いやすくするということもできます。

ただ、バッテリーの減りが結構早いので、予備のバッテリーを持ち歩くのは必須かと思います。Amazonで2個パックが5,000円ちょいで売ってますね。私はかわいい三脚がほしいので、トラベルキットを買いました。

Tagged with:
7月 31

コクヨホール

昨日、コクヨ様にご招待いただきEye-Fi x Evernoteを中心としたITツール活用の講演をしてきました。

エントランスからすてきなオフィス風景が続きます。

おっきいホール

え、こんなところでやるの?ガクブル・・・

と、思ったら5階のオープンスペースでリラックスしての講演スタート。残念ながら5Fの写真撮影は不可でしたが、きれいなスタジオでした。

何度か念を押したのですが、私はEvernoteの中の人ではなく、Eye-Fiの中の人なんです。でも、やっぱり皆さんの興味はEvernoteに。妬いちゃう。

その中でも、Eye-Fi → Evernoteを最大限活用するコツをこのブログでも共有したいと思います。

IMG_0310.JPG

講演の中で、「デジタルカメラをポケットに入るスキャナーとして活用する」ことを提案しました。そのためには、Evernote専用のカメラを用意するのが一番良い方法で、シートフィードのスキャナーよりも安価に準備できるはずです。

そこで、Evernote専用カメラ選びのポイント

  • 電池寿命が長い
  • 文書撮影モードがある
  • 軽くて持ち歩きやすい
  • Eye-Fi連動機能搭載

で、敢えてここではCasioのExilimシリーズをご紹介させていただきました。もちろんEye-Fi連動機能搭載機。

文書撮影モード

なぜExilimかというと、「BS(ベストショット)」モードの中に、「名刺・文書」モードと「ホワイトボード」モードがあるからです。

Exilimの補正画面

「名刺・文書」モードで撮影すると、このように自動的に斜めの書類の形を認識してくれます。そこで「補正」ボタンを押すと・・・

補正後

はい、なんと正面から撮影したように補正してくれるのです。まるでScansnapを使ってスキャンしたみたいです。これは実際に使うと驚きですよ。

モードメモリの設定

ただ、この機能デフォルトでは電源のOFF時にモードが戻ってしまいます。そこで、メニューの設定画面から「モードメモリ」を選んで設定を行います。

モードメモリでBSを入に設定

「BSベストショット」のモードメモリを「入」に設定することで、常に「名刺・文書」モードで撮影ができるようになります。

私は、Exilimのちょっと古いZ400と初期型Eye-Fi Shareをポケットスキャナにしてしまって、あらゆるものをEvernoteに放り込んでます。

  • 電化製品のマニュアル
  • ショップカード
  • 本、雑誌の記事
  • 薬の処方
  • A3とか大きな書類

全ノートブック - 24 個のノート

とくにマニュアルとかはいざというときに参照できるので、重宝しています。お試しあれ。

7月 30

しばらく放置していたら、デスクトップがえらいことになってしまいました。さてちょっときれいにするかということで、EvernoteとFinderをつかってちょろちょろっと片付けたらすんなり整理できたのでそのルールのご紹介。

LittleSnapper

このデスクトップをみると、どこから手をつけていいか分からないので、Finder(WindowsならExplore)を使って整理するのがベストです。

たいていの場合、ファイルは時系列で関連性が強いはずなので、時系列で並べましょう。

デスクトップ

Finderのツールバーに「新規フォルダ作成」と「削除」のボタンをつけておきましょう。(ツールバー右クリックで設定できます)

では、下記ルールに従って整理しましょう。たぶんWindowsでも同じようにできるはずです。

  • 振り分け先が決まってる(「書類」や「My documents」内の所定フォルダ)ものはそこに移動
  • 新しいフォルダが必要な場合は、デスクトップに新規フォルダ作ってそこに関連のものを入れてからフォルダごと移動
  • 特に入れ先が決まっていないものはEvernoteに保存

Evernoteを使うところがポイントです。「あ、このファイルどこに入れようかな・・・」と迷った時はすかさずEvernoteに放り込んでしまいましょう。後で検索もできますし、元ファイルを消してもなくなることもありません。

Finder

やり方は簡単です。ファイルを右クリックして「このアプリケーションで開く」>「Evernote.app」と選択してください。

そうすると、Evernoteの新規ノートが作成されてファイルが登録されます。複数のファイルをまとめて登録するとノートが複数出来てしまうので、その場合はEvernoteの画面で複数ノートを選択して右クリック>「ノートをマージ」します。すると一つのノートに統合されます。

そうしたら、元のデスクトップのファイルは容赦なく削除してしまいましょう。

Finder

はい。あっというまにすっきりです。途中いろいろ別の仕事してしまいましたが、ながらでやらなければ10分もかからなかったと思います。

ただし、Evernoteにあらゆるファイルを入れるにはプレミアム会員になる必要があります。まだ、プレミアム会員じゃないあなたに朗報!なんとEye-Fi Pro X2をオンラインストアから買うとEvernoteプレミアム1年が無料でバンドルされてちゃいます。この機会にどうぞ。