preload
10月 28

iPhoneを使ってスローモーション動画が作成できないかなとググっていたら、こんなアプリを見つけて、思った以上に楽しかったのでご紹介します。

Sand Mountain Studios

Sand Mountain Studios
SloPro – 1000fps Slow Motion Video
★★★★☆
104件の評価
App Store

 

無料版は動画にSloProのロゴが入るのと、カメラロールに保存できません。アプリ内購入(2013年10月28日現在:400円)でその制限が解除されます。

まずはこのアプリでこんな動画を撮影します。(撮影済みの動画を編集することもできますが、このアプリで撮影したほうが良いと思います。)

YouTube Preview Image

これをたった1分程度でスロー動画に編集できます。

YouTube Preview Image

ちょっと面白いでしょ?我が家の愛犬レオン君、ちょっとかっこいい。

やりかた:

2013-10-28 05.00.46

まず、動画全体を再生して、どこからどこまでをスローにするかを決めます。下のバーで再生位置を調整できますし、画面をスワイプすることで微調整もできます。

2013-10-28 05.01.12

動画の始まりの部分が決まったらそこで「CLIP IN」をタップします。

2013-10-28 05.01.21

ここからスローにしたいという部分で「SPEED IN」をタップします。

2013-10-28 05.01.37

 

ここまで、というところで「SPEED OUT」をタップ。

2013-10-28 05.01.48

動画の終わり部分で「CLIP OUT」をタップ。

2013-10-28 05.02.01

スロー部分にバーを合わせるとその部分の再生速度を決定できます。

2013-10-28 05.02.19

Slow は%が減るほどゆっくり、Fastはは数字が増えるほど早く再生されます。500fps、1000fpsなどの超スローも可能です。

2013-10-28 05.02.27

超スローを選んだときは「Render」をタップしてレンダリングの方法を選びましょう。こうすることによって、超スロー時のぎこちなさが軽減されます。

YouTube Preview Image

お、レオン君、マトリックスみたいだね(笑)

ここにいろんなユーザーが撮影した動画があります。楽しそう!

https://www.youtube.com/user/sloproapp

対応機種と最高fpsは下記の通り。

iPhone 5S – 120fps
iPhone 5, 5C, iPad Mini – 60fps
iPhone 4S以前, iPod Touch, iPad – 30fps

うわーiPhone5Sは120fpsできるのかー。またひとつ5Sにする理由がふえたわー(笑)

お試しあれ。

Leave a Reply