preload
9月 17

画面キャプチャーを撮って他人に見せたいと思いながら、面倒すぎてやっていませんでした。

特にイメージタグ<img src=”http://xxxxx”>を選択して貼り付ける系の行為は相当嫌いです。ブログを書いても長続きしなかったのはそのせいです。

で、やっと自分なりのソリューションにたどり着きました。

まず、MacHeistというソフトの安売りで手に入れた、結構バグだらけのLittleSnapperというソフト。バグだらけですが、コメントや矢印、ぼかしなどができて、それなりに使えます。

で、一番いいのは、選択したスクリーンキャプチャーをFlickrにアップする事ができる点です。一度設定しておけば後はワンクリックです。ただ、送信完了しているにもかかわらず永遠にアップロード中の画面が表示されるというバグがあります。

LittleSnapper

次に、Wordpressですが、ここにWordPress Media Flickr 1.0.0というプラグインを入れておきます。

これがかなり便利です。投稿中に上部にあるFlickrっぽいボタンをクリックすると自分のアカウントのPublic画像一覧が最新のものから表示されます。

Safari

投稿編集 ‹ dtanaka's blog — WordPress

画像を選択すると、次はサイズと位置を選ぶ画面になります。

Safari

「挿入」で編集中の記事の中に画像が挿入されます。すぐに反映されないので、いったん上のHTMLタブに移って、戻ると画像が表示されます。

これを使うようになって、ブログのポストがすごく楽になりました。Flickrを開いて、URLを貼り付けて、という作業を一切する必要がなくなったのです。

願わくば、双方とも細々としたバグが回収されますように。。。

Leave a Reply