今年の冬もヒートクリーン(エコ灯油)で乗り切る

投稿者: | 2011/01/26

一般に妄想されている「外資系社長」という華やかなイメージを完全にぶち壊しますが、私は木造30年くらいのアパートに住み、4畳半の寝室で家族5人で寝ています。(笑)

3人目の娘が誕生した際に友人から「欲しいものある?」と聞かれて即答したのが「石油ファンヒーター」でした。

我が家のような「低気密・低断熱」の環境では、エアコンでちまちま暖めるより、ファンヒーターで一気に暖めるという方があっています。

で、2年前から使ってるのがこの「エコ灯油」。

Safari

石油ファンヒーターっていうと、一番面倒なのが灯油の入れ替えで、中学校のときに当番制で寒いなか重たい灯油缶を運んだのを思い出します。

このエコ灯油、一番の利点はなんと言っても臭いがほとんどしない。もちろんちょっとはしますが、普通の灯油に比べたら全然臭わないといってもいいでしょう。

灯油の入れ替えのときに、ちょろっとこぼしちゃってもベタベタしない。これもとても快適です。

値段はちょっとお高めかもしれませんが、今年の冬もこのエコ灯油で乗り切りたいと思います。

 

追記:2011年末から「エコ灯油」から「シェルヒートクリーン」になったようです。

お求めはこちらから
ファンヒーター専用灯油 Shell heat clean (シェルヒートクリーン)

今年の冬もヒートクリーン(エコ灯油)で乗り切る」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 2011年1月にAmazonで買ったもの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください